ペット動画撮影テクニック

>

ペット動画を素敵に撮影するために

ペットも魅力を伝えるコツ

何気ない様子をこまめに撮影されている方も多いでしょう。しかし、いつも同じような動画になってはいませんか?
ちょっと工夫するだけでペットの可愛らしさがアップします!

1,角度に注意
多くの方は、自分は立って撮影していて、上からの角度の動画ばかりになっています。
たまには、しゃがんだり、寝っ転がったりして、ペットと同じ目線になって撮影してみてください。
臨場感のある動画が撮影できます。

2,撮影する部分にこだわる
ペットの動画を撮る際に、全身をフレームの中に入れて撮影する方が多いです。
もちろん、元気に動き回る姿は全身を入れたほうが様子がよくわかります。
しかし、全身だけでなく、アップの動画を撮影するのもいいです。
顔のアップはもちろん、潤んだ瞳、ひくひくしているお鼻、ぴくんと動く耳、フリフリしているしっぽなどかわいらしいパーツのアップは珍しく、注目されるでしょう。

ロケーションやアプリの力も借りよう

もちろん、ペット自身にもかわいらしさ、面白さなどの魅力があります。
しかし、それらの魅力を引き立たせるためには、撮影のロケーションやアプリの力も重要です。

まず、ロケーションです。
自宅でリラックスして、くつろいでいる姿ももちろんいいですが、自宅だとどうしても生活用品などがごちゃごちゃと背景に映ってしまいます。
しがたがって、ペットの表情、動作を引き立たせるには何もない緑のある公園、ペットの色と同化しないような場所での撮影がおすすめです。
それだけで、動画の質がぐんとアップします。

次にアプリの活用です。
人間もアプリを使って、美肌にしたり、文字やスタンプなどを入れて飾れるように、ペット動画もアプリで加工してみましょう。
特に、動画であれば必要な部分だけを編集したり、効果音を入れたりして、プロさながらの動画を作ることができます。
さらにペットの魅力が伝わるでしょう。


TOPへ戻る